「給料日までちょっと足りないから」という理由で、気軽に消費者金融から借りているうちに借金が増えてしまっている人がいます。本当に少しなら問題ありませんが、いつの間にか複数の消費者金融から借りてしまっている事態に陥っている人は注意が必要です。

複数の消費者金融から借りていると、返済を忘れてしまったり金利に鈍感になってしまいがちです。そうした悪循環に陥らないためにはおまとめローンを利用することを検討すべきです。おまとめローンの一番のメリットは借金の管理がしやすくなることです。例えば、3社から借り入れていますと1ヶ月に3回返済をしなければいけません。しかし、おまとめローンで1社にしますと1回の返済で済みます。
利率もについても大きな意義があります。3社から借りていますと、そのうちの1社くらいは高めの利率になっていることも珍しいことではありません。複数社から借入れをしている人の特徴として高い利率に鈍感なことが上げられます。しかし、高い利率で得することはひとつもありません。同じ金額を返しても、その内訳が元金か利息かでは大きな違いがあります

おまとめローンを利用することで損をすることは全くありません。おまとめローンを利用することは高い利率を見直すきっかけになりますし、借金をすることに対する歯止めにもなります。

総量規制にかんして

貸金業法が改正されたことによって総量規制が導入されました。それによって年収の3分の1までしか借入をする事ができなくなったのです。しかし、例外として扱われるものもありますから、おまとめローンへの影響は小さいと考えられます。
総量規制がすべての借入に対して適用されると、例えば年収が300万円の人なら100万円までしか借り入れができないわけですが、すでに100万円の借金があれば新たに口座を開設する事はできません。そうなると、現在利用している金融機関よりも有利な条件で借りる事のできる金融機関があったとしても、規制によって口座開設ができなければ不利な条件で借入を続けなければなりません。そうならないように考えられています。

より有利になる場合には規制の対象外となるのです。おまとめローンを利用するときには限度額を大きくする必要がありますから、おまとめローンの限度額だけで年収の3分の1を超えてしまう可能性があります。しかし、おまとめローンを利用することによってより有利な条件で借入をすることができるのであれば総量規制は適用されません。ですから、年収の3分の1という上限があったとしても、おまとめローンを利用できる場合は多いのです。”



Comments are closed.