借金をするためには、当然ですが必ず審査に通らなければいけません。
審査とはあなたの信用度を数値化して融資の是非及び
融資限度額を判断することです。

その数値化する作業をスコアリングと呼びますが、
このスコアリングの際に調べることは大体次のようなことになります。
 職業、家族構成、持ち家の有無、銀行口座の有無、種類、
健康保険の種類、クレジットカードの有無、
他社での借入れ件数、総借入れ額および
過去の金融事故の有無です。
これらの項目は現在ではパソコンから個人信用情報センターに照会され、
即座に申込者の信用度が数値化されます。
 上記の項目はそれぞれに借金するために有利な属性があります。

職業では公務員や大手企業の社員などの評価は高く、
逆に自営業やパートの方は低くなります。
同じように持ち家の方、銀行に当座預金をお持ちの方、
国民保険よりも社会保険をお持ちの方、クレジットカードをお持ちの方、
他社での借入れがない方は社会的な信用度が高いとされているのです。
 ただ、実際に貸金業者がいわゆるウラを取るのは自宅や勤務先の在籍確認と
他社での借入れ件数および総借入れ額の2点だけであるといわれています。
すべての項目のウラを取るのはそれなりのコストがかかるからです。

しかしこれは申し込みの際にうそを書いてもいいというわけではありません。
ばれた場合にはあなたの信用度が無くなってしまいます。
銀行に口座をお持ちでない人は口座を開設したり、
実家が持ち家なら同居にしたり、他者での小口の借入れを完済して解約したりして
審査に通りやすい状況にしておくことが肝心です。



Comments are closed.