金融会社によって独自の審査基準を持っているので、
甘い所もあれば厳しい所もあるのは当然のことです。
そいて、このように審査基準が変わってくると、金利も変わってきます。

傾向としては、金利が低いと審査が厳しく、
金利が高いと審査が甘い
ということが多いものです。
このように見ると、
甘い審査の金融会社を利用するメリットはあるのかどうか難しいものでもあります。
なぜなら、金利が高くなることが多いので、
返済を考えると負担が大きくなる可能性は高くなるものです。
しかし、甘い審査の金融会社を利用する人達は、
厳しい審査に通ることができない人達であり、
金利が高いと分っていても、
そのような金融会社を利用せざる終えない状況もあるのです。
極端な事を言えば、ブラックリストに掲載されてしまった人は、
普通に考えるとお金を借りることはできないものです。
金融事故となっているため、必ず信用情報で問題がでてきます。
しかし、ブラックリストに載っていても、
お金が必要になる場面はあるものです。
どれだけ貯金をがんばっても、急にまとまった失費が出ることはあります。

このような場合、審査の甘い金融会社でなければ、
通過してお金を借りることができないというわけです。

>>安心な方法は?

金は借りないに越したことはないのですが、
万が一どうしても借りる必要が出てきた場合、
無担保融資を利用するのは避けたほうが良いのではないでしょうか。

金利というのは一見すると大した率に見えなくても、
冷静に考えると完済までにはかなりの額を
支払うことになるものです。
このようなときには質屋を利用するほうがいいと思います。

担保を差し出しておけば、
返せなくなって冷静な判断力を失うようなことがありません。

>>無担保ローンで組む?

土地や家や車等を担保に入れる場合には、
もしお金が返せなくなった場合には、
担保物件を売却することになります。

ですが、無担保ローンとは、担保が無いため、
金融機関は貸す側の信用だけでお金を貸すのです。

そのため、無担保ローンには金融機関から
様々な制限をつけられることがあります。
例えば、貸し出せる金額が低い。
貸し出し機関が短い。金利が高いというのが一般的です。

>>専業主婦でも借りれるのか?

法改正によりいわゆる闇金といわれる業者は
少なくなりました。
専業主婦でも免許書や身分証明書があれば
カードローンやキャッシングが審査が通ればすぐにできます。

出来るからと言って収入もないのに
キャッシングをするのは問題であるが、
配偶者、そのほかにきちんと収入の見込みがあり
計画性を自己責任をもって行うのであれば問題はないでしょう。



Comments are closed.