自己破産を行った実績がある人は、
新たなキャッシングカードの発行を行う事は出来ないのが普通です。
キャッシングカードの発行会社は、
カードの発行を行う前に融資審査を行い、
カード発行希望者の信用力調査を行いますが、
その際にまず最初に確認するのが自己破産や債務整理を行った事実が過去にあるか
という点についてです。
確認を行う中で、
カード発行希望者が過去に自己破産申請や債務整理を行った実績がある事が分かると、
カードを発行する事はまずありません。
キャッシングカード発行会社が、
自己破産や債務整理を行った実績がある人を敬遠する理由は、
一度自己破産や債務整理を行った事がある人は、
将来再びこうした法的手続きを行う可能性が高いと考えるからです。
自己破産や債務整理を申請されると、
カード発行会社は申請者が抱えている債務返済義務をすべて免除しなければならず、
それは丸々カード会社にとっての損失となります。
その為、カード会社は自己破産や債務整理を行う可能性がある人を最も敬遠するのです。
尚、自己破産や債務整理を行った事実を隠す事はまず不可能です。
何故ならば、自己破産を申請した事がある人の名前は、
キャッシング会社が簡単に閲覧する事が出来るブラックリストに記載されるからです。 お金を借りたくて消費者金融に申し込みをしても断られることがあります。この理由は状況によって色々と考えられます。いくつかの理由を挙げると、収入が少ないことで返済能力が認められないため、すでに多額の借金を背負っているので新しく借り入れをしても返済できない可能性があるため、過去に債務整理等で信用が低下しているためなど、様々な理由が考えられます。もし、消費者金融に申し込みをして断られた場合、諦めるしかないのかというと、そうでもありません。消費者金融はそれぞれ独自の審査基準を持っています。もしかすると、断られた消費者金融の審査が厳しかったため、利用することができなかったということが考えられます。そのため、自分でも審査に通ることができる消費者金融を探してみると良いです。審査が比較的甘いと言われる消費者金融なら、利用できる可能性がとても高くなります。そのため、どこかの消費者金融で断られたからと言って諦める必要は無く、他の審査の甘いところを探してみると良いです。しかしながら、どれだけ審査が甘くても、自分に収入がしっかりとあり、返済できることが前提になってくるので、無職の場合などはとても厳しくなってきます



Comments are closed.