無職でも消費者金融でお金を借りるには、そうとう厳しいのが現実ともいえます。  しかし、東日本大震災の被災者であれば、無職であっても、お金をかしてくれる消費者金融があります。  消費者金融では、被災者向けに、1年間無利息で融資をしてくれる業者があります。  東日本大震災は、多数の死者と行方不明者が出ており、未だに被災地では、復興がままならぬ状態でもあります。 金融業者各社でも、応援融資として、1年間無担保、無利息で10万円の融資などをはじめ、いろいろな制度で、被災者を手助けしています。  融資の条件は、東日本大震災の被災者であること、20歳以上であること、そして安定した収入があることが基本なのですが、無職であっても相談にのってくれるので、融資に困っている人は一度相談に応じてもらいましょう。  1年間は無利息で融資をしてもらえるのならば、生活の立て直し、新しい職を探すことも可能です。 新しい人生をやり直すためにも、1年間は無利息なので、なんとか生活の立て直しが出来ることでしょう。  1年経過後は、通常の年間利息よりも低い利息が適用されるという被災者に配慮したサービスをしてくれる業者もあります。 他にも、提携ATMの利用手数料も被災者には、無料にするという業者もあります。 しかし、すべての人が融資を受けられるわけではありません。 貸金業法に定められている総量規制を超えている人や、本人確認が出来ない人、関係法令に基づいて融資できない人もいるので、断られる場合もあります。 東日本大震災の被災者で融資を受けたいという人は、被災証明書を区役所で発行してもらい、身分証を持って相談してみましょう。 



Comments are closed.