当たり前のことですが、お金を借りると、借りている金額と期間に応じて利息が掛かります。

実際の借入金(元金)に対して、どの程度の割合で利息が掛かるか、ということを金利と呼びます。消費者金融のホームページなどをみれば簡単にわかる金利ですが、どのような計算で実際の利息が割り出せるかを知っておくことも大切です。

消費者金融では、最大金利を18%程度に設定しているところが多いですが、自動車ローンの金利などと比較するとかなり高金利なイメージがあります。実際にどの程度の利息になるかを、見ていきましょう。

金利計算の方法とは?

消費者金融やカードローンなどその他のローンで表示されている金利とは、「年利」を表しているのをご存じでしょうか?
年利とは、つまり借入金を1年間借り続けた時に発生する利息の割合のことです。

例えば、消費者金融で50万円を18%で1年間、借り入れたとしましょう。
1年後に返済した場合の利息は、

50万円 × 18% = 9万円

となり、利息は9万円が掛かります。

では、1か月(30日間)で返済した場合の利息は、どの程度になるでしょうか?
表示されている金利は年利なので、1年分の利息を365日で割ると、日割りの利息が分かります。
つまりこの場合は、

9万円 ÷ 365日 = 246円
246円 × 30日 = 7380円

となり、1か月のだいたいの利息は7380円です。

この計算で、最終的にどの程度の利息が掛かるかを調べることが出来ますが、実際に月々の返済がどの程度になるかは少々分かりにくいものです。返済は毎月払いになりますので、各消費者金融が選択している返済方法によっても月々の支払額が変化します。返済方法は、毎月一定額を払い続ける方法や、前月の残高によって月々の返済額が増減する方法などがあり、借入期間によっても返済額が変わってきます。また適応利率によって発生した端数の扱いによっても、手元で計算した額と返済額が若干異なることがあります。

しかし、金利計算の仕組みを知っておけば、ざっくりとどの程度の利息が取られるかを知ることが可能です。

返済シミュレーションを上手に活用しましょう!

利息の計算方法は確認できましたが、実際の返済額がどの程度になるかは、返済期間によって大きく変わるため、なかなか分かりにくいものです。また消費者金融は、住宅ローンなどとは異なり、限度額内で何回でも自由に借り入れや返済が出来る特徴があるため、どの程度の返済が毎月発生するのかが、一般の人には分かりにくくなっています。

そのような場合に役立つのが、消費者金融がホームページで行っている返済シミュレーションのサービスです。

返済シミュレーションでは、借入れ希望額と予想金利、返済期間を打ち込めば、毎月いくらを返済すればよいかの概算が分かるようになっています。返済期間の選択によってどの程度返済額が変わるかも調べることが出来ますので、計画的な借り入れのためにもぜひ活用してください。