審査に通りやすく、誰でも利用できるイメージのある消費者金融ですが、ホームページなどをじっくり読んでみると、「申し込み条件」が記載されているのに気付きます。「申し込み条件があるということは、条件によっては申し込めない人もいるの?!」と不安に思うかもしれませんね。

しかしご安心ください、消費者金融の場合、申し込み条件はさほどハードルは高くありません

例えば、消費者金融大手プロミスの申し込み条件は下記のようになっています。

20歳以上69歳以下の安定した収入のある方。 主婦・学生・パート・アルバイトも本人に安定した収入があれば可。

これをみると、注意すべき点は2点だけです。

利用可能な年齢に注意!

ひとつは、年齢制限があるということ。20歳以上、つまり成人していれば、申し込み年齢の条件は満たしています。
注意すべきは申し込みの上限年齢が決まっていることでしょう。消費者金融は多くが70歳未満(満69歳まで)の利用と定めています。特に近年人気のモビットは、年齢条件が65歳以下となっており、他社より少し低く設定されています。対象の年代の方は注意して選ぶ必要があります。

安定収入があれば申し込める!

申し込み条件での、もうひとつの注意点は、継続的な安定収入がある、という点。
プロミスの申し込み条件でわざわざ「主婦・学生・パート・アルバイトも」と書かれているように、職種が何であれ、とにかく本人に安定した収入がある、ということが利用できる条件となっています。

この条件には、「消費者金融での貸付合計額は、年収の1/3までにしなさい」という決まり(総量規制)が深く関わっています。

消費者金融側は、貸金業法の中の総量規制というこの決まりにより、たとえば年収300万円の人には合計100万円までしか貸付できないということになっています。年収100万円の人になら、33万円程度までです。いくらその消費者金融が、「限度額300万円」と書いていても、最大で年収の1/3までしか借りることはできません。

安定した収入のない人の場合は、年収自体に不確定な要素が多く、貸付してもきちんと返済能力があるのかどうかを判断することが出来ません。さらに収入のない人の場合は、総量規制の上で貸付可能な額を計算する際の、元の年収が0円なので、貸付可能額も0円になってしまいます。つまり、貸付が出来ない、という判断になるのです。したがって、全く収入のない主婦や学生は申し込みができません。パートやアルバイトで安定的に収入がある場合は、利用可能です。

例: 年収300万円の人 →  300万円 × 1/3 = 100万円
つまり、総量規制上の最大の借入額は100万円。

年収0円(無職)の人 → 0円  × 1/3 = 0円
つまり、総量規制上の可能な借入額は0円。

また利用上限年齢にも関わることですが、消費者金融は収入が年金のみの人は利用が出来ませんので、注意が必要です。
年金収入が安定的な収入とみられるかどうかは金融機関によって判断が分かれるところで、消費者金融では一律申し込みは不可能になっています。銀行系のカードローンでも実は年金収入のみで申し込みできるところは少なく、数えるほどになっています。

しかし、再度申し込み条件をよくご覧ください。申し込み年齢に当てはまり、普通にお仕事があれば、誰でも申込みできるのが消費者金融のメリットです。退職後もアルバイトなども安定収入があれば申し込み可能なので、年金ももらっているけどアルバイトもしている、という場合は、もちろん申込可能です。