最近インターネットやテレビCM、電車の車内広告などで良く見かける「WEB完結」の文字。
「WEB完結」というからには、店頭に出向かず、インターネットを利用して申込が出来るという意味だよね、と推測されますが、実はそれだけではないようです。消費者金融のモビットが行っているこのサービス、一体どこが新しく、どこが便利なのかを調べてみましょう。

在籍確認の電話を省略したWEB完結

消費者金融に申し込みをすると、貸付可能かどうかの審査が行われます。その一環として必ずついてくるのが、職場への在籍確認の電話です。

在籍確認の電話とは、申込書に記載された職場に、実際に勤務実態があるかどうかを、消費者金融側が実際に電話をかけて確認するという作業です。在籍確認の電話をかけるときには、消費者金融側もスタッフの個人名でかけたり、保険の勧誘を装ったり、スタッフ個人の携帯電話から発信させたりするなどの配慮をしてくれます。しかし、それでも借金する側からすれば、借り入れをしようとしているのが会社にばれるのではないか、と、過剰な心配をする人もいるようです。

モビットでは、申し込み条件や提出書類を増やすことで職場の確認を行えるようにし、業界で初めて在籍確認なしの申込みを可能にしました。

なお、WEB完結での申し込みをするには、あらかじめ指定された銀行口座などを持っている必要があります。申し込み条件は下記のようになっていますので、参考にしてください。

【モビットWEB完結の必要条件・提出書類】

①三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行の口座 ②本人確認書類(自動車免許証かパスポート) ③収入の証明書類(給与明細書など) ④勤務先の証明書類(健康保険証など)

ローンカードも契約書等の発送物もなし!契約完了までのスピードはダントツ!

WEB完結で申し込みを行うと、文字通りネット上のやりとりのみで契約まで完了します。通常なら送られてくるローンカードや契約書などの送付も一切ありません。契約後の取引明細も、すべてネットでの管理になりますので、自宅に送付されてくるものは何もありません。したがって、契約完了までがダントツで早く進みます。

ローンカードもないなんて、一体どうやって借り入れを申し込むの?と思われるでしょうが、融資はすべて指定口座への振り込み融資になります。インターネットや電話で融資申し込みをすれば、すぐに口座に振り込まれるため、あとは預金を下ろすように、普通に引き出しを行うだけです。

WEB完結の注意点

いいことづくめのWEB完結ですが、ひとつだけ注意する点があります。

ローンカードを持たないWEB完結申込では、すべてが振込融資になりますので、銀行の振込み受付の時間内でしか、口座に融資が入りません。銀行に振込みが出来る時間はだいたい平日の14時~15時位になっていますが、その時間を外して申し込みをしてしまうと、銀行の翌営業日の振り込みになってしまいます。

カードを持っていれば、提携ATMから平日の夜間や土日祝日でも融資分を引き出すことが可能ですが、カードがないのでATMは利用できません。WEB完結での申し込みは便利だけど、利便性を考えるとやっぱりカードが欲しい、という場合は、カードが発行される通常の申し込み方法で、申し込むようにしましょう。